皮膚科でできるシミ治療の種類と内容

突然できてしまったシミや、気になりだしたら止まらないシミなど、1回できてしまうと日々のケアやメイクでは簡単に消すことが出来ないので厄介な存在ですよね。


ひとくちにシミといっても遺伝的なものや紫外線の影響によるものやホルモンバランスの崩れからできてしまうものまで色々あります。そしてシミには老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑、省卵斑(俗に言うそばかす)、脂漏性角化症、花弁状色素斑、という6つの種類があり、それぞれ治療方法も異なります。シミの治療というと、レーザー治療を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

レーザー治療は主に美容クリニックなどで受けられる治療法なので保険適用されないものがほとんどですし、痛みや跡が残ったらどうしよう、と不安になってなかなか踏み出せない方も多いのが現状です。

そこで今回は皮膚科で出来るレーザー以外のシミ治療についてご紹介いたします。
なお、今からご紹介するシミ治療は老人性色素斑、省卵斑(そばかす)、肝斑、炎症性色素沈着に効果があると考えられる治療方法になります。まず一つ目は塗り薬による治療法です。
シミ治療に使用される塗り薬には、ハイドロキノン軟膏とトレチノイン軟膏があります。


ハイドロキノンは別名「肌の漂白剤」とも呼ばれていて、美白化粧品などにも取り入れられている成分です。

市販の化粧品に含まれるハイドロキノンは薄めてあるのが一般的ですが、皮膚科で処方される軟膏については有効成分5~10%と非常に高く、強い作用があるためシミを薄くする効果が認められています。次にトレチノインですがこちらはシミそのものに働きかけるというよりは、トレチノインにはコラーゲンを生成する効果があるので使用する事により結果的にお肌そのもののターンオーバーを促進させてお肌をよみがえらせ、シミの原因であるメラニン色素を排出するという治療法になります。
二つ目は飲み薬による治療法です。

今すぐ使えるおすすめのオオサカ堂を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

飲み薬にもトランサミン、ビタミンC誘導体、ビタミンE、L-システインと4つの種類があるので1つずつ解説をしていきます。


まずトランサミンですが、こちらはメラニンを発生させるメラノサイト活性化因子というものをブロックしてシミを作る原因となるメラニンの発生を抑える働きがあります。

心斎橋のシミ治療ならこちらが人気です。

次にビタミンC誘導体ですが、こちらは体の中では作られない物質なので内服する事で高い効果が得られます。

フィンペシアならオオサカ堂に関する特集の情報が満載です。

主な働きは強い抗酸化作用によるメラニンの色素沈着の抑制です。

東京での歯科情報探しならこちらをご確認下さい。

そしてビタミンEは若返りに効果のある成分になります。

梅田のくすみ治療の情報が必ずあります。

ビタミンCと一緒に摂取する事により、より高い効果を発揮できる成分なので忘れずに服用しましょう。
最後はL-システインですが、こちらはメラニン還元率が非常に高く美白効果が得られる成分です。

ビタミンEと同様にビタミンCと一緒に摂取する事によりさらに強い効果を発揮する特徴があります。
こういったシミ治療でも保険適用されないケースもありますし副作用が全くないとは言い切れませんが、行き慣れない美容クリニックに不安を抱えていかなくても、レーザー治療で高い費用とリスクを負わずとも、通常の皮膚科でこいうった治療方法が選択できて、シミを消したり薄くすることが可能になっているのでメイクで隠しきれないシミにお悩みの方は是非一度皮膚科に相談してみてはいかがでしょうか。

https://4meee.com/articles/view/754517
http://getnews.jp/archives/973045
http://allabout.co.jp/r_health/clinicsearch/hospital0126289/